カテゴリー「04.メトウイカ釣り」の8件の記事

2006年8月18日 (金)

18年8月17日  メガライト消失

今日はお気楽なパニックコスリ&メトサビキ釣です。午後3時半にHGへ到着。

入りたいポイントには車が駐車中なので、横目で様子を伺いながら準備を完了。アミブロックの解凍をまっていると、近寄ってきた車の中にDチャンの笑い顔・・・アチャ!ばれちゃった。釣れなくともブログを更新しなけりゃなんねぇ ^^;

おしゃべりをしていると、マイポイントが空いた。早速、Dチャンに手伝ってもらい、そそくさと移動して、又おしゃべりタイム。あわてたところで周りは誰も釣れていないしねぇ ^^

仕事に向かうDチャンから、ビールとオツマミの差し入れを受けた。おかげさまで完璧な納涼釣の体制が整った・・・何が無くとも忘れることの無いビールなのに、今日は何故か忘れていた。

さて、いよいよ釣です。パニックは4号でジンタ狙いですが、最初にタナゴが釣れる。棚を上げるとセコイの連発。もう少し大きけりゃ堂々とセイゴといっても良いんだが ^^;

元気の良いセコイは、3匹バケツから飛び出して海中に帰っていきましたが、あたしがほしいのは小鯵だから・・・「勝手にしろってんだい、ベランメェ」と言う感じですかねぇ ^^;

暗くなってメトサビキの時間になっても、アジはもとよりイワシさえも釣れない。現実は厳しいなぁ。バケツの中はタナゴ2匹とセコイ2匹だけ ToT

メガライトを点灯すると、ようやくイワシの姿がチラホラ見え始めた。ならばメトとコスリの2点狙いだ。しゃくりながら隣の穂先の動きを確認・・・鰯・鰯・メト・鰯・メト・鰯・鰯・・・・・・・・・・・・・・なんちゅうか集中できないなぁ ^^

1缶目のガスが切れるころ、再度Dチャンがお茶の差し入れに来た。有難いねぇ、ビールの飲みすぎとツマミの食べすぎで、丁度、喉が渇いてたところだった m(^^)m

Dチャンにコスリを任せ、ガスを交換して、あたしゃ心機一転、メトに集中・・・しても・・・やっぱり釣れない。となりではポツポツと鰯を追加してくれているのだが 。。

突然「ズボッ・ブジュ~・ブクブク!!!!!」・・・なんだ今の音は????・・・海が暗いじゃん!

情けないことになっちゃいました。メガライトが海中へ消えてしまった。吊り下げていたロープが、熱で解けてしまうなんて想定外だよ 。。

あわててタモをとりだして探っても後の祭り。8mの海底に沈んでしまってはどうすることも出来ない。自動車のヘッドライトを照らしても、竿近くは効果が無く、不本意ながらメトサビキを終了してエギングに切り替える。

Dチャンが再度仕事に戻ってから、何もする気にならず、満潮時間も待たずに早々と撤収。しかし、このタイミングが絶妙だったなぁ。全てを片付け終え、運転席に乗り込んだとたん、雷とスコールのような雨が降り出した・・・少しだけツキは残っていたのかも~ ^^;

180817hg01

メガライト紛失とガス2缶。

ずいぶんと高価な獲物だった (^ω^);

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

18年7月28日  HGのメト

7月末に恒例の、ホームグランドでのメトウイカ釣。とはいっても、昨年までのメト釣場は夜間閉鎖なので、初めて別の岸壁に兆戦です。

潮色は回復したとはいえ、こんな奥までメトさんは入りこんでいるのかなぁ、墨イカ狙いのエギンガーさんはたまに見掛るけれど、メトを狙って、しゃくってるのを見たことが無い 。。

でも、水深は8M位ある。ましてや小アジやイワシが適当に楽しめる場所だ。イカだっていないはずが無い。とりあえずツ抜けできればいいや・・・と、先端ですら4杯の実績しかないのに、欲の皮だけは突っ張っているあたしなのです ^^;

夕マヅメに到着してみると、岸壁一帯はトウゴロウイワシで大フィーバーしていた・・・これだってベイトには違いないもんね~~~~~ (^x^; 

ロッドは磯竿3号の見切品(重いんだなぁこの竿)。幹糸フロロ3号、枝間隔75cmでイカピン6ヶ所。エダスもフロロ3号で10cm、オモリは5号のサビキ仕掛。

スッテは、下からブラウン、ピンク、茶黄、紫、青、赤白・・・色の順番なんて適当です。但し、あたしが必ず使う色は茶黄と紫。「何で????」って言われても答えようが無いけどねぇ。一種のお呪いでしょうか ^^;

集魚灯を点灯してから、青以外はポツポツと掛かる。こんなに棚が広いのも珍しいかもね。

時折、フッコやエイが姿を見せた時に乗りは止まるのですが、姿が消えるとまたポツポツ乗り出し、飽きない程度に楽しませてくれました。

19時からしゃくり始め、23時までしゃくって20杯。今期3回のメト狙いで一番の釣果だった。侮れない場所だったんだなぁ ^^;

期待していなかった東側でこの釣果だから、半島先端は大釣の予感がする・・・と思っていたのですが、どうやらメッカは・・・・・・・ (^X^;  

180728meto

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

18年7月13日  連休前

台風の影響なんでしょうか、半島界隈はサーフも港外も見事に荒れています。港内でも竿下での釣は、浮遊物の影響で結構ストレスガ貯まっちゃいそう 。。

潮色は・・・・・一時ほどではないにしろ、濁っている。夕刻の満潮までは、あまり潮が動いていないので、メト釣の場合は満潮から下げ狙いかも知れません。

半島先端のTOで、午後7時から9時半まで(ガス1缶分)試してみた。しか~し、投光しても美味しそうなベイトが集まらない。草フグが少しばかり集まる程度なんて、あたしのホームグラウンドのK港並じゃわい ^^;

集魚の効果すら怪しげなのに、意地悪な海草等の浮遊物のおかげで、3回も移動してしまった。

入れ替わり立ち代りくるエギンガーさんの姿も消え、裸の大将スタイルのあたしを吸血虫が襲う。あたしゃイカと戦いたいんですがねぇ~~ ^^;

180713meto01

←左に潮が動き始めて、最初に掛かったメトウイカ。

仕掛けは

ロッド・・・5.4m・3号磯竿(外ガイド)  幹糸・・・3号フロロ(イカピンピッチ75cm)     枝2号フロロ18cm   あたりツノ・・・ピンク・ブラウン系統  スタイル・・・シャクリ釣。

24リットルのクーラーまで用意して行ったのに(実は缶ビール冷蔵用として)、メトの反応時間は9時前後の15分間だけ。最近ずっとこのパターンだなぁ(^з^;

17日は海の日。この連休に合わせて、釣果は回復するのか???あたしゃ懐疑的です ^^;180713meto02

←今日の釣果は4杯(メト丼2杯分)

寂しい釣果も慣れっこになってしまった。

今日はチト不慣れな場所で試してみたけれど、メジャーな場所はどうだったんだろう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

18年7月1日 梅雨だよねぇ? 

梅雨の真っ只中だっちゅうに、それらしい雨が降らない。おかげで、せっかくの休日なのに、ゆっくり休めないじゃあないか ^^;

朝は風が強かったから諦めもついて、じっくりとメトの仕掛け造りをしていたのに、風はやんじゃうし、雨も日付が変わるころまで持つっていってる。おちおち休んでなんかいられなくなってしまった。困った性格だ ^^

この時間に出かけたって、釣り場は無いだろうけど、潮風にあたるだけでも、気分がスッキリする。とりあえずメトタックルを積んで、神さんと夕マズメの半島先端へ出かけた。

予想に反して釣場は空いていたけど、岸壁から覗き込むと、ゲゲッ! 港内はゴミタメじゃん!!

発泡スチロールやらコンビニ袋・生簀から捨てられた死んだ魚などが浮かんでいる。潮が動いていないので留まったままだし、臭い・・・これじゃあ生きた魚なんかいなそう 。。

こんな雰囲気の先端でも、暗くなるころには釣り人で一杯になってくるから不思議。ほとんどがアユ竿を抱えたメト師達。あたしゃ安物の外ガイド付5,4mの磯竿・・・羨ましいなぁ。でも、メガライトは持ってんぞ・・・エッヘン ^^

二人でしゃくるんだけど、肝心のメトが釣れない。もっとも、神さんのトラブル処理のほうが忙しかったけどね。初心者に外ガイドの竿を持たせたあたしが悪いんです・・・無いんだからシャンメェ~ (爆

満潮少し前の8時前後、数分間だけで4杯釣れて、面目は保ったけど、あくまでメガライトのおかげです。なんたって燃料代がかかってんだから・・・ ”燃料代までかけて・・・4杯かい” なんて言われてしまいそうですがねぇ ^^

結局10時半頃までねばったけど、腹はへるし、手は震えるし、お先に失礼してしまった・・・その後メト師さん達は釣れたのかしら ? ^^;

余談ですが、雨とトイレの心配がなかったら、東側のMとかBの港内がおもしろいと思います。マル釣船は、その両港の船道を塞ぐように流していますからね・・・神さん連れでなかったら、今日はそちら方面の予定でした ^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月 6日 (土)

17年8月5日(金曜日)  坊主じゃなかった(爆


 このところ寝不足なので、ゆっくり休養したいが、神さんはプール、娘は衣笠のお祭りに行く予定とか。連休前の一人晩酌なんてつまらんので、最小限のメト釣り道具だけもって、午後6時半に盆踊りの民謡にぎやかな地元の港へ。

 新月の大潮、ダラダラの下げの時間帯だから見込みは薄いが、とりあえずメガライトを灯すと、さっそくフグが集まり始める。スッテ4本仕立てのサビキを、底いっぱいで上げ下げするが、ボンベ1缶(2時間)使いきっても烏賊は掛からない。いつもなら1缶で1杯くらいは掛かるものだがなぁ。

 ボンベを交換してノズルを全開、少しでも照度を上げるために、煤で汚れた風防ガラスもはずして、波止めにつるすと、早速一番下のスッテ(エロチカ)にホタルイカサイズが掛かったので、数は釣れなくともサイズアップを目標にさびくが、いつのまにか、あたしの竿下に寄ってきたゴミや泡が、波に揺られて上下には動くものの、ペタンコ張り付いてしまい、フグさえも姿が消えてしまった。今日のメガライトは集魚灯ではなく集塵灯だわ(汗)

 いつのまにか、山の上のハーブレストランの明かりが消え、大型フェリーが着岸し、東京湾フェリーの最終便も入港、夜メバル乗合船も開国橋をくぐって消えてゆく。時間は刻々と経過して行くが、サイズアップができない。
 
 立ちっぱなしが原因か、釣れないのが原因か腰が痛くなってきたし、ビールの350mlを3本くらいグビグビ飲みたくなってきた・・・・気持ちは釣りからどんど離れてしまい、10時15分、2缶目のガスを使いきる事も無く終了。 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月31日 (日)

17年7月30日(土曜日)  夕涼み


 珍しい!実に珍しい事だ!!釣りに関しては、まるで興味の無い神さんが、「港の夜は涼しくて気持ち良いよ」と言う誘いに、その気になってしまった。あたしとしては8月の第一週の金曜日を考えて言ったつもりだったのだが、帰宅してみると神さんは準備万端、行く気満万(泣

 晩酌を諦めて、照度が半分になってしまったメガライトと、何故か5秒で消えてしまうヘッドランプを持ち、途中のコンビニでにぎりとお茶を仕入れ、地元の港に7時30分到着。

 残念ながらマイポイント近くに先行者があり、傍で集魚灯を点けてはまずかろうと、少し離れた場所で始める。

 始めてまもなく、型の良いメトウをゲッチュー。キャンビングチェアーでまったり涼んでいた神さんにスッテからイカをはずさせたら、お約束の墨攻撃を受け、顔とジャケットが真っ黒けになっちゃった。笑っちゃいけないが思わず ”プッ”

 風の影響でざわつく海面、泡一杯の波止め付近、潮も動かない。大分からのフェリーが入港する少し前に、小さなメトウを追加する。

 遠くで浮メバルをやっていた方が、寂しくなったとかで、傍に寄ってきた。「集魚灯まわりでやったら如何ですかぁ」と声をかける。あたしたちも釣れずに暇なので世間話にはまってしまった。この方、同じ分譲地の廃業したパン屋さんでしたので話は益々弾む(笑

 陸で烏賊が釣れる事が信じられず、自分のメバル釣りをほっぽって、何とか釣れる瞬間を見てみたいと、粘っていた旧パン屋さんも、5匹の小さなメバルを土産に、10時過ぎには諦めて帰ってしまい、取り残されたのは、あたし達二人っきり・・・「期待をさせてごめんなさ~い!」

 ガスは3缶持ってきたのだが、壊れたメガライトでは小魚もあまり集まらないし、釣れもしない烏賊釣りを、タランコタランコやってると、神さんが二度と付き合ってくれないだろうし、ここは男らしく(実はビールが飲みたくなってしまった)日付変更前の11時にてっしゅ~~ぅ(爆)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月24日 (日)

平成17年7月23(土曜日)~24日(日曜日)  狙いはメトウイカ


 今年のメトウイカは、沖でも陸でも絶不調だが、ここにきてようやく陸っぱりからの釣果が出始めたので、あたしも乗り遅れまいと今週末の釣り物をメトウイカに決定。

 自動ハリス止め5本仕掛の準備をして、後は就業時間が終わったらすぐに会社を飛び出して~~と(爆) 仕事そっちのけで、脳内メトウイカ状態邁進中に震度5の地震騒ぎ。一応津波警報は発令されなかったが、大地震があっても不思議ではない昨今。帰宅途中に迷いに迷った。

 帰宅してみると、神さんは「当然行かないんでしょ?」な雰囲気だが、積極的にあたしの夕食のおむすびを握っている・・? ”ヒラメイタァ”去年のメトウイカ釣りの日に、母娘でロシア料理ディナーを画策してたなぁ、「もしかして今日は母娘外食かい?」と聞く・・・・までもなかった。「海に吸い込まれないでねぇ」と見送られ、久々の地元の港へ。

 午後6時45分に港に到着。マイポイント周りは誰も居ない。早速準備にとりかかったが、メガライトが点火しない。点火装置をいじっているとマントルが壊れた。マントルを交換しても点火しない・・・もぅ大パニックだ。冷静に考えればライターでも点火できる事を思いつき ”ホッ”

 やっとメガライトに点火して仕掛を組み始めたら、ヘッドライトが消えた。あたしゃ目が悪いし、またまた大パニック・・傍にメガライトがあるのにねぇ、1時間強のタイムロスだぁ(大爆)

 しばらくの時間潮が動かずメトウの反応は無く、灯りに集まったフグがスレで掛かるだけだったが、下がり潮が動き始めてポツポツと烏賊が掛かり始め、日境までに8杯が釣れる。「何とかツ抜け」と頑張るが集中力がとぎれ、なかなか追加できない。3時半に潮向きが替わったところで3杯追加して、4時過ぎに気力体力共ヘロヘロで撤収。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月25日 (日)

7月25日(日曜日)  思いつきで、こんな事もあるんですね

”休日の前夜から、徹夜で釣りがしたい”こんな願望を数日前
口にしてしまった。
24日も、うだるような暑さで、さすがに1週間の疲れが出てしまい
「今日は、ビールでも飲んで、ゆっくり寝るか」と思いながら帰宅
食卓には、夕食の用意がされてなく、ソフトクーラーがデンと
置かれている。「お結び4個と、ビール3缶入ってるからね」と神さん。
「皆は、食事どうすんの」と私、「ロシア料理食べに行く」と娘
見事な母娘の連携で、K浜港に追い出されてしまった。

覚悟を決めて、本日は、背もたれ付折りたたみ椅子と投光器を、釣り場にセット。ミニツノ5本サビキで、はぐれメトウイカ狙い。
めったに無い事ですが、狙いが当り、燃料のボンベ3缶を使い果たす
間に、ポッリポッリと、極小から中型のマルイカが顔を出しました。

燃料切れから午前7時15分まで、バクダンとパニックコスリ釣りに
挑戦したが、こちらは渋かった。

本日の釣果
   イカサビキ   メトウイカ 16杯
   タモすくい   メトウイカ  1杯
バクダン   ジンタ 1匹
   パニックコスリ ジンタ 4匹  キス 1匹  タナゴ 1匹 



| | コメント (0) | トラックバック (0)