« 南無妙法蓮華経 | トップページ | 今日も殺生禁止なのだ »

2009年11月 7日 (土)

殺生禁止なのだ

「四十九日の法要が済むまでは殺生禁止」

内心で、そう誓ったはずだったのだが・・・

破ってしまう、その根性があさましい。

なにか悪いことでも起こらなければ良いが (^^);

一人では心もとなく、今日は兄貴と神さん連れで

    「罰あたりボートフィッシィング」

出廷は、いつもの油壺京急マリーナ。

最近、ダンフォース型アンカーを常備していて

貧相な私の腕力では入れたら最後・・・(^^);

ということで、リードロープ取り付けをお願いしたため

いつもより遅い9時半出港となりました。

(いつも無理を聞いてくれるスタッフには感謝です)

今日の対象魚はカワハギ。

スタッフお勧めのポイントは、水深40Mのため

クラブ艇ではアンカーできず、小網代の12Mから開始。

しかし、何時もの様には反応してくれません。

1時間ほどで見切りをつけて、城ケ島安房岬沖へ

水深32Mにアンカーして、大型狙いですが・・・

大型のササノハベラ・大型のキタマクラ・・・・・

大型には違いないけど・・・なんだかなぁ (^^);

出港時吹いていた風も弱まり、ベタ凪状態は良しとして

肝心要のカワハギさんまで穏やかにお過ごしでは

船頭としてはシャレにもならんですがな。

兄貴と二人、エッチラオッチラと50Mのロープを手繰り寄せ

昨年爆釣りした水深22Mに緊急脱出。

ここでもベラ、キタマクラ、鬼カサゴ、スズメダイ、etc

開封したばかりの徳用アサリはテロテロ状態なのに、

カワハギ職人や〆塩すらも忘れてきては諦めの境地。

おそらく、底に落ちる頃にはダラ~ンと垂れ下がり

あの餌取り名人では、針掛かりしないのは至極当然!

            と、思いきや

兄貴にポツポツ  

          あろうことか

                  神さんにまでポツポツ

「いょっ! 名人」 なんて茶化してはいても

内心穏やかざらぬあたしには音沙汰はなし・・・トホホ

                ・

何時ものことながら、一匹釣れてからの

神さんの集中力には恐怖心さえ覚えてしまう。

3人がかりで本命は5枚と、異常な貧果のなか

最大は神さんが釣りあげた中の一枚とは恐れ入る。

20091107

こんな状況下でも3枚をあげた兄貴だったが

釣名人としては納得がいかなかったのか?

それとも嫁さんの罵声が怖いのか・・・・?

すべて我が家に貧果を置き去りにして

トボトボトと丹沢の麓に御帰還してしまったので、

我が家の食卓は、カワハギ・ウマズラ・キュウセン三昧

あぁ~ めでたし めでたしと、高らかに逝きたいところだが

はたして、オデコのあたしの立ち位置はどうなるのでしょうか?

今日は「殺生禁止を実行した」と、苦し紛れの言い訳をしても

何故か、家族の冷たい視線が怖いよぉ (爆沈)

|

« 南無妙法蓮華経 | トップページ | 今日も殺生禁止なのだ »

07.魚釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148133/46718759

この記事へのトラックバック一覧です: 殺生禁止なのだ:

« 南無妙法蓮華経 | トップページ | 今日も殺生禁止なのだ »