« ヤバイ! 大潮伝説 | トップページ | 地元情報 »

2007年7月21日 (土)

船も釣れます

雨にも負けず風邪にも負けず、懐の寒さにもめげず

残りわずかな野口英世と、買い溜めの魚肉ソーセージ2本を握り締め、

欲ばかりで、けっして諦めず・・・・・・・・・

限りなく零に近い確率になってしまったモンスターを求めて、

行っちゃうんですね・・・イカキチ単細胞メは (^^)ゞ

さすがにシーズン終盤。船着場や鳥居周りの釣果が渋い中、

曳船から開放されたところは平島と割島の中間。

やや水深があり、頑丈な幹をもった海草の生い茂る、なんともトホホな場所と見た (^^);

被害の少ない場所を探ろうにも、日中いっぱいの雨を予測して、魚探を持ち込んでいない (--)

メッカに戻ろうか、小松さんちの 好感度お兄ちゃん を信じようか・・・

とりあえず、他の曳船されたボートの様子をうかがう (^^);

今日のお客さん、とっても素直な人たちばかりで、一人として漕ぎ上がらない。

さればあたしも、とりあえずこの付近から・・・結局何を信じたやら (^^)

今日持ち込んだ餌木は、ウエストバックに入るだけの24本に絞込み、全て一軍から一軍半の餌木軍団。

丁度ライン角度の良い付近に喧嘩相手があるらしく、この大事な一軍メンバーが一つ減り二つ減り・・・トホホ

この雨の中、予想以上に多いボート郡に、前に出ようか後ろに下がろうか考え始めた7時半近く一杯目ゲッツ・・・小ぶりです・・・秋イカです (--);

190721aori01

ロストを繰り返さないために、ラインやリーダーを太くしようにも、中通しではライン1.5号・リーダー3号・・・・・これが限界。

そもそも、喧嘩に負けてしまうのは、ラインシステム(SFノット)や金具のノット。

貫けが悪くなるので、システムも複雑に結べないし、接着剤で固めることも出来ない。

唯一補強できるのが、エギスナップをダブルラインで結ぶのみとあっては、この場所はリスクがあり過ぎる (xx)

反応もいまいちということで、根掛かりの少なそうな場所の隙間をぬって移動を繰り返すが・・・・・・あっきまへんなぁ (--)

ここぞと思った場所では、何回アンカリングしようが走錨が止まらず・・・トホホのホ

どういうわけか最初に釣れた場所に戻ってしまう・・・この意思の弱さ、持論の無さ f(^^)

一軍の3・4・5番はすでに逝ってしまい、これ以上の戦力ダウンを恐れてベンチ組で勝負。

10時20分・・・おいしそサイズがスレで掛かった(画像の腕に近いエンペラの白くなった部分)・・・さすがはベンチ組、思ってもみないところで活躍をしてくれる (^^);

190721aori02

この渋さだから掛かり方なんか気にしない、ど~~でもいいから来て頂戴 (^^)ゞ

しかし、こんな些細な願いにもかかわらず、掛かってきたのは動力船とウインドサーファー (><)

こんな処で再びロストを繰り返すなんぞ考えもしなかった。しかも今度は相当の長さのラインまで (。。)

少し回り込めば広いスペースがあるのに、ローボートの間を引き波を立てて突っ走る動力船。

118に通報される前に、初心を思い出して頂戴 f(^^)

シーズンを締めくくるには、物足りない結果となってしまったけれど、森戸の海岸も海の家ができ、海上を滑走するジェットスキーやバナナボート等の遊具が浮かび、すっかり夏休みの準備も整ってきた。

名島に渡る人やダイバーも増え、落ち着いてボートを浮かべるにも無理がある。

ついにモンスターと出会う事は適わなかったが、春のボートエギングを十二分に堪能させてもらった森戸の海に大感謝だ m( )m

|

« ヤバイ! 大潮伝説 | トップページ | 地元情報 »

02.ボートエギング」カテゴリの記事

コメント

>ショアラさん
あたしももう一回だけ乗りたいんですけどねぇ。たぶん時間が取れないと思います。
タコ・マル・あわよくばはぐれアオリを求めて、短時間になりますが、地元苦行をしてみます (^^);
頑張ってくださいねラストチャンス

投稿: トド | 2007年7月24日 (火) 11時50分

あれ、春烏賊終了ですか?
今週末からの1週間、もうワンチャンスありそうですよ。
でも、土日は海上も混雑していて厳しいのかなぁ。

投稿: ショアラ | 2007年7月23日 (月) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船も釣れます:

« ヤバイ! 大潮伝説 | トップページ | 地元情報 »