« 謹賀新年 | トップページ | ミイラ獲りがミイラに! »

2006年1月 3日 (火)

波乱の幕開け

2日のお昼時、シンさんから初アオリ釣りの電話がはいる。大晦日からダラダラと酒漬けの3日間を過ごし、なまってしまった身体を、通常に戻すには好都合だ。2つ返事で「いきますよ~~!」

電話予約を済ませてから、タックルや防寒着、デッキブーツにいたるまで積み込んだマイカーを、倅が乗っていってしまった事に気がついた ^^;

ロッドは船宿で借りるとして、古いエギをかき集め、故障気味の両軸リールに油を注て道具は何とかなった。寒さ対策として腰と背中にホッカイロをベタベタと貼りつけ、4ヶ所のポケットにも放り込んで、みぞれ降る中を、嬉々としてバイクにまたがり船宿に向かう。

今日の同行者のシンさん、シンさんの息子さん、コブジメさんは、すでに待合室に到着している。波乱の幕開けなど想像することもなく、頭の中はKg級アオリでお花畑 ^^;

前日書きこみの乗船名簿は、1~4番記帳で申し分ない。正午頃から西南西の強風予報だが、船宿の話では、正月の早仕舞い時間までは持ちそうとのこと。久里浜の東電煙突から吐き出される煙も、真上に上がっているしねぇ 。。

港の外も凪の状況。速度全開で間口沖26mの根周りに付きエギを投入。一流し目から右トモのシンさんが、初挑戦のロングロッドで釣り上げた。あまり期待していなかった潮止まりの時間帯だけに、同船者は元気百倍・・・のはず・・・だ ^^

しかし、3流し目ぐらいに舳先が西南西に向き始めてから、急激に風が吹き始め、山のような波が押し寄せる。波の谷間にたたきつけられながら、ポイントを移動して仕掛を投入しても、ラインが前後左右にスッ飛んでしまう有様。そのラインを追いかける船長さんも、操舵に苦労しているようだ。

最悪のコンディションの中でも、右前方で1杯釣れたらしいが、すべてはここまでだった。大島付近で18mの風が吹き始め、実釣り1時間50分で9時15分に沖上がり。15m前後の風の中、木の葉のように揺れながら、全身に波しぶきを浴びながらの、サブ~イ帰港だった 。。

昨年末から、陸でも沖でも雨風にたたられ、今年も引き続いて好条件での釣りができずに、あたしゃ不完全燃焼ぎみなのだ!!

帰りがけには当然の如く、リベンジ連チャンを申し込んできたが、明日も、この時期としては珍しい南西の風予報。しかも名簿には、早々と常連さん3名の書きこみがある。「連チャンの特権は与えてもらえるのかなぁ」 Ki丸のことだから間違いは無いと思うが、小心者のあたしゃチョッピリ不安だ~ ^^

シン親子さん、コブジメさん、遠路はるばるお疲れ様でした。これに懲りずに三浦半島へ釣りに来てくださいね~~。こんな天候はめったにあり・・・ません ^^;

|

« 謹賀新年 | トップページ | ミイラ獲りがミイラに! »

03.バーチカルエギング」カテゴリの記事

コメント

なんのなんの、こんな事ではめげていたら釣りは出来ません(笑

船の記帳は連チャンが最優先のはずです。
またご一緒できることを楽しみにしています。

投稿: コブジメ | 2006年1月 3日 (火) 19時46分

トドさん
 お疲れさまでした。風はある程度覚悟していましたが、あれほどになるとは・・・とんでも無い日にお誘いしてしまいましたm(_ _)m。
 荒れる前の1杯は、超特等席のおかげでトドさんには感謝です。いつもいつもありがとうございます。

また今回、初ロングロッド(ポイントショップ遊撃手3m)でしたが思ったより扱いやすくシャクリやすく、高波も対応可能で良感触でした。手放せない一本になりそうです。

帰りは三崎大根を畑仕事している人に1本100円で2本売って貰いお土産確保。また三崎シーボニアマリーナでレンタルボート見学でした。なんだかんだと楽しい一日を過ごせました。
明日は、出船できること祈ります。では、また機会がありましたら是非よろしくお願いいたします。

投稿: シン | 2006年1月 3日 (火) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148133/7976425

この記事へのトラックバック一覧です: 波乱の幕開け:

« 謹賀新年 | トップページ | ミイラ獲りがミイラに! »