« 17年6月22日(水曜日)  雨中エギング | トップページ | 17年7月11日(月曜日)  ん!いたじゃん  »

2005年7月 3日 (日)

17年7月2日(土曜日)  仕立船でイサキ?


 松輪港からイサキ仕立に同船させていただいた。シンさんや伝ちゃんも一緒だし、港で顔を合わせた初対面の参加者も、皆さん気さくな方ばかりだし、なにより女性が2名も沖釣に挑戦とは何故か嬉しい。♪(^^;

 皆さんがが八艘飛びならぬ四艘飛びで、あたしゃ這いつくばって浜鈴丸に乗りこみ、「いざ!鎌倉」じゃなかった「いざ!剣崎沖」へ。

 前日に神さんとイサキの処分方法を考えていた。せがれの好きな刺身に○匹、定番の塩焼きに○匹、お世話になっている方々に○匹、ご近所に、親戚に、残ったイサキはあたしの大好きな干物を手作りしなくっちゃ、うっふっふ ♪・・・・(^^;

 港から20分程で、大船団の一角に突ッ込み、投入の合図で15mの指示棚+2mからシャクリ上げてくると15mでアタリ、幸先よく一荷で小型のイサキが付いてくる「こりは本気で処分方法を考えねば」などと喜んでいる状況ではなかった。体調を悪くした女性の看病をしていた第一粕谷丸さんやシンさんの判断で、いったん帰港。

 再開して1投目に強烈なアタリ、丁寧に遣り取りしたすえ姿を見せたのは、なんと!30cm弱の石鯛だった。看病で仕掛の投入もできなかった方々も、ポツポツとイサキを上げているし、今日は皆さん「本命でクーラーがいっぱ~い!」と思ったのだが、あとが続かない。最初の好反応から船長と相談してウィーリィでも釣れると判断して、試していたのが間違いのもとで、追加する事ができんかった。

 次ポイントでは中アジがポツポツあがるが、あたしゃばらしてばかりで数が伸びない。時間と共にアジの姿も消えてしまい、サバの拾い釣をするが型が小さい。終了前に野比沖に移動してから丸々と太ったサバが、仕掛を下ろすたびに掛かる。エサを付けたり、コマセを入れたりと、面倒なので2匹かかるまで放置で効率UP m(__)m

 12時半に沖上がり。本日の釣果は、小型のイサキが2匹、思いもよらなかった石鯛が1匹、中型のアジが4匹とサバが10匹・・で・・結局、神さんとのイサキの処分案は「捕らぬ狸の皮算用」 (^^; 

 第一粕谷丸さんお誘い有難うございました。シンさん、伝ちゃん、渡辺さん他皆さん、またご一緒しましょうねぇ。

 

 
 

 

 
 

|

« 17年6月22日(水曜日)  雨中エギング | トップページ | 17年7月11日(月曜日)  ん!いたじゃん  »

07.魚釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148133/6589991

この記事へのトラックバック一覧です: 17年7月2日(土曜日)  仕立船でイサキ?:

« 17年6月22日(水曜日)  雨中エギング | トップページ | 17年7月11日(月曜日)  ん!いたじゃん  »